• ホーム
  • 20代に多い早漏と手のひらで塗る治療薬ポゼット

20代に多い早漏と手のひらで塗る治療薬ポゼット

局所麻酔薬が配合されているクリームタイプの早漏予防薬は、セックスをする前に手のひらに出して、亀頭部分にすり込みます。
他の部分に接触するとしびれるので、残ったクリームをタオルなどでふきとります。
局所麻酔成分なので、一度皮膚に塗るだけで効果を発揮するので水で流しても問題ありません。
ポゼットはSSRIの薬で、射精までの時間が短すぎるときに服用すると、5分くらい長く挿入することができます。
早漏の症状が重い場合は、手や口で亀頭に刺激するだけで射精してしまうので、薬を服用してコンドームをすると刺激に対して強くなります。
早漏が20代の若者に多いのは、女性経験が少ないからで、女性とのスキンシップの経験が少ない状態でセックスをすると不安感が大きくなって、脳が興奮状態になることで射精が早くなります。
信頼できるパートナーの場合は、射精に失敗してから再度セックスをすると早漏を改善することができます。
失敗しても問題はないと思えるようになると症状の改善が早まります。
また真性包茎の場合も亀頭部分が刺激に対して弱くなっているので、手で触れただけで射精してしまうことがありますが、真性包茎は手術によって包皮を切除する必要があるので、男性専門のクリニックでカウンセリングを受けて自分にあった手術を選ぶ必要があります。
包茎手術は30万円前後の料金で受けることができますが、術後1ヶ月程度はセックスができないのでパートナーに相談をしてから受ける必要があります。
また早漏を克服するための情報を購入することができますが、基本的には認知行動療法による治療法と、射精をコントロールする方法なので、薬を服用している場合にはあまり必要性は高くありません。